topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

audio technica新製品発表 ハイエンドカナル型イヤホン - 2011.10.13 Thu

日本のメーカーaudio technicaのカナル型イヤホンのハイエンドモデルとして、「ATH-CK100PRO」「ATH-CKM1000」「ATH-CK90PROMK2」を11月18日に発売されるようです。


ATH-CK100PROは小型・軽量チタンハウジング採用の3Wayトリプル・BA(バランスドアーマチュア)型イヤホンのようです。
専用設計のネットワークを採用し、各ドライバーをバランスよく駆動することで原音再生を目指してしるようです。
カナル部分は前機種のATH-CK90PROの技術のホーン形状を採用しているとのことで伝搬効率を良くしているそうです。
なんとこの機種はコードが着脱式となっていてリケーブルできそうです。
ケーブルはY型の1.2m、被覆素材はPVC、プラグは金メッキφ3.5mmL型ステレオミニプラグのようです。
シリコンイヤーピースはS/M/Lが付属しています。
スペックは出力音圧レベル109dB/mW、再生周波数帯域20~18,000Hz、最大入力3mWで、インピーダンス39Ωのようです。
BAらしく再生周波数はダイナミック型に比べると狭いように思いますが十分広いです。
某Twitterではフラットでモニター寄りの音だそうです。

予定価格は¥63,000(税込)のようです。
これをオーテク価格だとすると確証はありませんが、実売価格は4万円後半くらいでしょうか?



ATH-CKM1000はチタン鍛造ボディと、ハウジングトップにアルミケースを配置したハイブリッドハウジングで不要な共振を防止する仕組みを使っているみたいです。
ドライバーはφ14mmのダイナミックドライバー、磁気回路には歪みの少ないパーメンジュールを使用しているとのこと。
パーメンジュール (permendur) は、鉄と希少金属のコバルトを1対1の割合で混ぜた合金だそうです。
よく高級据え置きスピーカーに使われている高級素材のようですね。
ケーブル長は0.6mのY型で、そのままだと胸元にプレイヤー入れる形になると思われます。
プラグ金メッキφ3.5mmステレオミニプラグ、付属品はL型延長ケーブル、XS/S/M/Lのイヤーチップ。
出力音圧レベル102dB/mW、再生周波数帯域5~30,000Hz、最大入力200mWで、インピーダンス17Ω。

素材にこだわったダイナミック方式カナル型イヤホンで奥の深いダイナミック型のハイエンドと言えそうですね。
これも某Twitterでは高音が良く出るが刺さらないそうです。
もしこれが本当だとしたら凄いダイナミック型イヤホンですね。

予定価格は¥50,400(税込)のようです。
実売価格は3万円後半、だといいなぁー。



ATH-CK90PROMK2はATH-CK90PROをベースに2Wayデュアルバランスドアーマチュア型イヤホンです。
前回のATH-CK90PROは2ドライバー1Wayだったのですが今回は内部回路で高音と低音で分けて2Wayドライバーに進化してるそうです。
これもやはりホーン構造のACOUSTIC HORNを使っています。
再生周波数帯域20~15,000Hz、最大入力3mW、出力音圧レベル111dB/mw、インピーダンス37Ω。
プラグは金メッキφ3.5mmL型プラグ、コード長1.2mでY型、付属イヤーチップMサイズのコンプライ製フォームチップのほか、S/M/Lのシリコンイヤーピースも付属してるそうです。

予定価格は¥26,250(税込)のようです。
実売価格だと1万円後半でしょうか。


前作の傾向、マーケット戦略から
ATH-CK100PRO→弱高中音寄り~フラット
ATH-CKM1000→ドンシャリ
ATH-CK90PROMK2→中音寄り~フラット
と勝手に想像します。

オーディオテクニカ
http://www.audio-technica.co.jp
ファイルウェブ-オーディオテクニカ、トリプルBA型の「ATH-CK100PRO」などハイエンドイヤホンを発売
http://www.phileweb.com/news/audio/201110/13/11303.html

また新製品が発表されたということで、今より旧製品が安くなるかもしれませんね。

ATH-CK100(新ATH-CK100PROの前の機種にあたる)
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100
(2008/11/21)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


ATH-CKM99(新ATH-CKM1000の前の機種にあたる)
audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM99audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKM99
(2010/11/19)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


ATH-CK90PRO(新ATH-CK90PROMK2の前の製品にあたる)
audio-technica デュアル・バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK90PROaudio-technica デュアル・バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK90PRO
(2009/09/11)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Shure SE535の特別モデルの発表&音質レビューが出ました。 - 2011.10.11 Tue

マイクやイヤホンなどの音響機器で有名なShureからハイエンドイヤホンSE535の特別モデルの発表です。
公式サイトではSE535 SPECIAL EDITIONと記され、本体カラーもスペシャルっぽく赤色になっています。
AV Watchでは早くもレビューが上がっているので音の予想でもしていきたいと思います。

SE535 Special

SE535 SPECIAL EDITIONは10月28日発売予定で、価格はオープンプライスですが、SE535の初期の価格がそのまま店頭予想価格となっており49,800円程度とされています。
バランスド・アーマチュアユニットを3基搭載のSE535にデザインや音質を変え、ケーブルを116mと短くしたモデルのようです。
また音の出るノズル部分の音響フィルタが高音寄りに変更されているらしく、再生周波数帯域が通常モデルが18Hz~19kHzであるのに対し、Special Editionは18Hz~19.5kHzと0.5kHz伸びています。
感度は119dB。インピーダンスは36Ω、ケーブルは160cm→116mの通常モデルからの変更。
どうやらアジア限定モデルのようで欧米に高値で逆輸入されてしまうかもしれません。(Shureの本家はアメリカ)



AV Watchさんの試聴レビューによると音響フィルタを高音寄りにしたため高音が刺さるギリギリ出ているとのことです。
私の耳ではSE535の通常バージョンで十分な高音を感じたのでSE535で高音が足りないと感じた人にお勧めです。
SE535の前の製品のSE530はSE535より高音の量が出ていましたが、低音も若干多めに出してあったので刺さりは感じませんでした。
このイヤホンは全体的にフラットな音でシャッキリ、クッキリした音を出します。
おそらくSE535 SPECIAL EDITIONはシャープでハイハットに特徴なある音になっていると思います。
高音が苦手な方もしくは刺さりを感じやすい方は通常のSE535をお勧めします。
もちろんレッドカラーということで選んでも良いのですが赤いからといって性能は3倍になりませんので注意して下さい。

簡単に新旧比較すると
SE530    →弱ドンシャリ
SE535    →フラット
SE535 Special→弱高音寄り
のようですので好みに合わせて選ぶのが良いかと思います。
(SE530は生産終了しているので店頭限りか中古品のみの販売となっていると思います。)
SE530はできませんがSE535シリーズはケーブルが交換できるのでこれ一本持つだけで、断線しても交換ケーブルで直せますので一生物のイヤホンとして使うこと出来ます。

Shure Japan公式サイト
http://www.shure.co.jp/
Shure Japan SE535 Special Edition
http://www.shure.co.jp/ja/company/press/press_releases/2011/20111011-se535ltd
AV Watch レビュー記事
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111011_482870.html

SE535 通常モデル
SHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-JSHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-J
(2010/08/10)
SHURE

商品詳細を見る


SHURE 高遮音性イヤホン クリアー SE535-CL-JSHURE 高遮音性イヤホン クリアー SE535-CL-J
(2010/09/01)
SHURE

商品詳細を見る


SE530 旧モデル(中古品の可能性が高いです)
SHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-JSHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-J
(2007/07/06)
SHURE

商品詳細を見る

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

アクセスカウンター

プロフィール

earphonia

Author:earphonia
イヤホン中毒な管理人。管理人のイヤホン成分はおそらく90%(?)。それくらいイヤホンにかける情熱は凄いです。
もっと気軽に、もっと安くいい音のイヤホンが手に入ればいいのになぁ。

検索フォーム

ランキングまとめ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ランキング (17)
新製品 (2)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングまとめ

イヤホン 音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。